スペルト小麦粉(古代小麦)

>> 販売ページ

パン食文化が当たり前の現代にこそ、原点回帰

スペルト小麦は、今から8,000年ほど前に中東地域で発生したと言われている、パン用小麦の原種にあたる古代穀物です。英名スペルト、ドイツではディンケル、イタリアではファッロと呼ばれ、古くは旧約聖書にも記述があります。

中世ヨーロッパでは、スペルト小麦は大変重要な食品とされていましたが、次第に現在のような多収を目的として品種改良されたパン用小麦が普及するにつれ、スペルト小麦の存在は次第に忘れ去られていきました。

しかしながら、食に対する安全や、こだわり意識が高まる現代において、スペルト小麦の豊かな栄養価や風味が、時を越えて注目されています。

パン食文化が当たり前になった今こそ、原点回帰。遠い昔に、遠い国で発祥したスペルト小麦。北海道産をお届けします。

時を越えて再注目。パン用小麦の「原種」ならではの栄養と風味

スペルトとは「もみがら」のこと。皮殻が非常に厚く、害虫などから内部の穀粒を守っているため、農薬や化学肥料を使わずに育てることができ、人工的な品種改良が加えられておりません。一般的な小麦に比べて収穫量が少なく、脱穀作業に大変労力がかかるため希少で高価ですが、その栄養価と様々な効果が見直され、近年再び注目を浴びるようになりました。

一般的な小麦に比べて、スペルト小麦に含まれるグルテンは吸収されやすいため、栄養価が得られやすいのが特徴です。また、遺伝子構造の違いという点から、小麦アレルギーが発症しにくいと言われています。(※ご注意:グルテンフリーではありませんので、小麦アレルギーの方やセリアック病をお持ちの方はご注意ください。)

さらに詳しく…

スペルト小麦は現在の小麦に比べてフルクタン(体内で消化されにくい食物繊維)が少ないとされています。小麦がダメ、という人の中にはグルテンではなくフルクタンに反応することが理由となっている場合があるようで、一般的な小麦のパンは食べられなくてもスペルト小麦のパンは食べられるというケースもあるようです。

味・風味・食べ方

スペルト小麦粉だけで焼いたパンは、ナッツのような風味と、チョコレートやカカオのような甘い香りが特徴です。一般的な小麦よりモチモチ感は無いですが、その分、口どけの良いパンに仕上がります。

パンはもちろん、クッキーなどの焼き菓子、うどん、パスタなど、普段の小麦粉同様にお使いいただけます。石臼挽き全粒粉ならではの、小麦が香る、深い味わいをお楽しみください。

栄養価

スペルト小麦は殻の内側に高い栄養価があり、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維などの栄養価が豊富に含まれています。

生産者のご紹介

スペルト小麦に興味を持ち始めていた、北海道十勝清水町の佐藤さん。アメリカに行った際に入手したスペルト小麦粉を持参し、パン職人に頼んで作ってもらったカンパーニュを食べてみて、その美味しさに衝撃を受けたのが始まりでした。

「他の小麦で作ったパンと比べても、ダントツで風味、特にナッツのような香ばしさが強く、バターとかを付けて食べるのがパンに対して失礼と思うくらい美味しかったことを覚えています。」

この衝撃的な出会いをきっかけに、国内で栽培している農家さんから種を分けてもらい、着想から数年、ようやくスペルト小麦の収穫にこぎつけました。

気候の違い、脱穀の難しさ、コストの面などで色々と問題はあるそうですが「北海道で最もスペルト小麦の作付面積が大きい農場でありたい」と強い情熱を持って栽培なさっています。

店長リコメンド

みなさん、スペルト小麦ってご存知でしたか?

一般的には古代小麦って呼ばれていまして、小麦のようで小麦じゃない、古くて新しい素材なんです。これまで日本で流通しているスペルト小麦はほとんどが外国で生産されたもの。国産があっても、なかなか手に入りにくい素材でした。今回発売したのは十勝の生産者さんが生産した正真正銘の北海道産スペルト小麦です。

どんな味がするの?

全粒粉タイプなので、濃厚な風味が出ます。小麦ともライ麦とも違うスペルト風味。例えるならチョコレートのような甘い感じの香りがしますよ。

レシピは?

社内で試作した時には、スペルト小麦100%で小麦粉と同じレシピで作ってもちゃんとパンになりました。でも、もし膨らみが足りないようなら、お手持ちの強力粉を20~30%くらい混ぜてやればかなり良い感じになると思います。

スペルト小麦ってこんな特徴も

ちなみに、スペルト小麦は低グルテンですから、グルテンフリーを好む方にもオススメしたいです。そして、小麦アレルギーも出にくいと言われています。アレルギーが出にくいとはいえ、出る可能性もありますから、症状が重い方はテストされないでくださいね。